日本シュタイナー学校協会とは

目的

日本シュタイナー学校協会は、日本におけるシュタイナー学校およびシュタイナー教育運動の充実と発展のために、全国のシュタイナー学校の教育者や運営者がともに働くための協会として2013年8月18日に発足しました。全国の全日制シュタイナー学校が主たる会員となり、シュタイナー教育の振興に向けた教育的・社会的な取り組み、学校運営の質を高めるための様々な取り組み、教員養成への取り組みなどをともにしています。また、日本におけるシュタイナー学校教育を代表する対社会的な窓口を担い、公的認知の向上や社会貢献に向けた活動を行っています。

活動の概要

日本シュタイナー学校協会では、以下のような活動に取り組んでいきます。

情報の交換
各学校の運営現状を定期的に報告し合い、学校運動の全体像を共有します。
課題の共有
解決していくべき学校運営上の問題、各校共通の課題などに関して協議します。
解決への協働
協力して問題解決に取り組み、社会に対する働きかけを行います。
他団体との連携
国内外の関連団体、行政、研究機関等と交流し連携します。
学び合い
シュタイナー学校特有の運営基盤および、学校運営一般の基本的な考え方、取り組み、手法、その運用の成果について報告し合い学び合います。

課題

日本シュタイナー学校協会の課題として、わたしたちは以下のような取り組みが必要であると考えています。

(1)質保証のための取り組み
  • 教育的サポート機関の運営基盤づくり
  • 教員養成実現に向けた準備
  • その他の質保証の仕組みづくり
(2)国際的なヴァルドルフ教育運動との連携
  • 精神科学自由大学教育セクション
  • 国際ヴァルドルフ教育フォーラム(ハーグサークル)
(3)ユネスコなどの国際教育機関との連携
(4)危機管理
  • 災害に対する対策の協力・協働の態勢づくり
  • 社会との関係における様々な危機管理態勢づくり

沿革