日本シュタイナー学校協会連携型教員養成講座

日本シュタイナー学校協会連携型教員養成講座

日本シュタイナー学校協会連携型教員養成講座PDFフライヤー

世界で初めてのシュタイナー学校は、今からおよそ100年前、1919年のドイツにて誕生しました。その後シュタイナー教育は世界中に広まり、今では1,000を超える様々な学校で、子どもたちは日々生き生きと学んでいます。

100周年という大きな節目を迎えるにあたり、日本シュタイナー学校協会は、シュタイナー教育のさらなる発展を願い、その実践を目指している人たちに向けて、2018年度より「連携型教員養成講座」を開講いたします。シュタイナー教育に貢献していく人材を育成するために、日本各地にあるシュタイナー学校や教員養成講座が互いに協力し合い、連携して進める新しい形の教員養成講座です。

シュタイナー教育運動の一翼を担い、子どもたちを育む大人として自己教育を一層深め、シュタイナー学校を創り上げていこうとする意志をお持ちの方、私たちシュタイナー学校の教員とともに学んでいきましょう。

お知らせ

【お知らせ】(1)主催者情報を更新しました。(2)第1期の申し込み定員を明記しました。

【お知らせ】連携型教員養成講座第一期の申し込みを2018年5月7日より開始しました。

【お知らせ】連携型教員養成講座の説明会を開催します。

【お知らせ】連携基礎コースの情報を更新しました。

※ 連携型教員養成講座の概要をご案内するフライヤーは、以下のPDFを印刷してご覧ください。印刷版を日本シュタイナー学校協会事務局、または会員校より入手することも可能です。

  • 連携型教員養成講座概要PDF(443Kyte)
  • 概要

    「連携型教員養成講座」には大きく3つのコースがあります。

    1. 基礎コース
      教育者としてシュタイナー教育に携わり、子どもと関わっていく上で基礎となる学びのコースです。国内で行われている提携先教員養成コースに参加することで必要な単位を修得できます。

      ※ 基礎コースは「連携基礎コース」「夏の必修講座」で構成されます。

      ※ 基礎コースの履修期間の目安は1~2年です。定員は1期40名です。

    2. 実習コース
      シュタイナー学校の教員になりたいという意志を持ち、基礎コース終了後、面談において本コースへ進むことの合意ができた方が、各学校で学び、実習を積み、論文発表を行って、教員免許取得を目指す方のためのコースです。

      ※ 実習コースの履修期間の目安は1~3年です。

    3. 学びのコース
      教員免許取得を第一の目的とせず、基礎コース終了後も学び続けたいという方のためのコース。単位換算一覧に基づき、学んだ単位を認定していきます。希望すれば面談を経て実習コースに変更することもできます。

      ※ 学びのコースの履修期間の目安は1~3年です。

    受講の流れ

    日本シュタイナー学校協会連携型教員養成講座の受講の流れは以下の通りです。(チャート画像をクリックするとPDF版が開きます。)

    受講の流れ:図解
    ホームベース校一覧
    日本シュタイナー学校協会加盟校(正会員校)
    ★ 連携型教員養成講座のホームベース校は本リストの中から選択してください。
    北海道 北海道シュタイナー学園いずみの学校(学校法人)
    〒049-5411北海道虻田郡豊浦町字東雲町83-2
    t/f.0142-83-2630
    関東 東京賢治シュタイナー学校(特定非営利活動法人)
    〒190-0023東京都立川市柴崎町6-20-37
    t/f.042-523-7112
    シュタイナー学園(学校法人)
    〒252-0187神奈川県相模原市緑区名倉2805-1
    t.042-686-6011 / f.042-686-6030
    横浜シュタイナー学園(特定非営利活動法人)
    〒226-0016神奈川県横浜市緑区霧が丘3-1-20
    t/f.045-922-3107
    東海 愛知シュタイナー学園(特定非営利活動法人)
    〒470-0115愛知県日進市折戸町笠寺山42-13
    t/f.0561-76-3713
    関西 京田辺シュタイナー学校(特定非営利活動法人)
    〒610-0332京都府京田辺市興戸南鉾立94
    t.0774-64-3158
    九州 福岡シュタイナー学園(特定非営利活動法人)
    〒815-0075福岡市南区長丘3丁目10-29
    t/f.092-557-1751

    ※ ホームベース校は特別な事情を除き途中で変更することはできません。

    連携基礎コース一覧(2018年3月現在)
    コース 各講の主催者 連携基礎コースの内容
    北海道A 人智学共同体ひびきの村 2018年度ミカエルカレッジ教員養成コース
    関東A 東京賢治シュタイナー学校 教員養成土日基礎コース
    関東B 横浜シュタイナー学園 横浜シュタイナー学園で学ぶ 教員養成講座
    関東C シュタイナー学園 基礎講座
    シュタイナー教育芸術アカデミー シュタイナー教育教員養成講座
    関西A 京田辺シュタイナー学校 大人の勉強会
    京田辺シュタイナー学校 教師のためのシュタイナー教育ゼミナール
    和歌山シュタイナー学校 シュタイナー教育教員養成ファウンデーションコース

    ※(2018年4月21日)連携基礎コース一覧・関西Aに含まれる講座は、主催者の変更により掲示内容が変更となりました。

    ※ 和歌山シュタイナー学校はホームベース校の対象外です。

    単位の振り替えについて:連携型教員養成講座で習得する単位については、2015年度以降に国内外において実施された教員養成コースおよび講座の受講単位一覧と出席を確認できるものがあれば、申請をもって単位の振り替えが可能な場合があります。

    お申し込み

    日本シュタイナー学校協会連携型教員養成講座第1期のお申し込み受け付けは2018年5月7日より開始しました。以下のフォームよりお申し込み下さい。

    お申し込みフォームへ

    主催とお問い合わせ先

    • 主催:日本シュタイナー学校協会
      *お問い合わせはこちらのフォームからお願いします。
    • 承認:精神科学自由大学教育部門(スイス・ドルナッハ)
      日本シュタイナー学校協会による連携型教員養成プログラムは、日本での(シュタイナー教育)教員資格を得るためのプログラムで、ドルナッハ精神科学自由大学に了承されています。
      "Collaborative Teacher Training Program" by Japan Waldorf School Association is a teacher certification program valid in Japan in agreement with the Department of Education, School of Spiritual Science in Dornach.
    Waldorf-100 logo

    ヴァルドルフ/シュタイナー教育100周年