シュタイナー教育100周年

1919年に初めてのシュタイナー学校ができてから、まもなく100年。

子どもたちの未来を思い、愛と情熱をたずさえて集まった多くの教育者と、学校をつくるため、幼児教育施設をつくるためにともに汗を流す父母・保護者たちによってシュタイナー教育は世界の隅々にまで広がりました。今では1,000校を超えるシュタイナー学校、1,800園を超える世界中の幼児教育施設で、子どもたちがのびのびと学び、成長しています。

どんな時代にあっても、教育の営みは次のような問いを生み出します。人として生きることの意味は何か。変化する社会にあっても失われることのない本質といかにつながることができるのか。
――シュタイナー教育は、これらの問いそのものから、この世に生み出された教育なのです。

変化し続ける社会の中でこれらの問いが終わることはありません。シュタイナー教育100周年は、この教育が未来に開かれた教育として次の100年の成長ビジョンを描くための祭典です。世界で、日本で開催される様々なイベントに、ぜひ皆さんもご参加ください。ともに子どもたちと社会の未来を描きましょう!


※このサイトは日本シュタイナー学校協会によって運営されています。http://waldorf.jp/

TOPページにもどる